読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚像を追いかけながら

その先に何もないことだけは分かっている

山下智久FF魂に行かせていただいた岩本担の感想(ネタバレ有)

ファイナルファンタジーかよ!
って思ってた。

虚構×虚構で現実ではない世界を生み出してファンを喜ばせようとした山下智久くんはやっぱりアイドルだと思った。す ご か っ た 。(小並感)

山Pソロはかねてより行きたくて、友人に誘われたので山下智久FUTURE FUNTUSY、国際フォーラムにお邪魔させていただきました。

もしかして岩本誕生日クリエから1ヶ月後だな?One in a millionあるかな?PARTY DON'T STOPあるかな?*1LOVE CHASE聞きたいな?

とか色々楽しみにしすぎてセトリは見ないでいこう!って決めていたんですけど友人にそそのかされて直前で見てしまった。One in a millionもPARTY DON'T STOPもあるー!LOVE CHASEあるー!ice creamもあるー!これやばい。

グッズはペンラを購入した。友人が購入したうちわの山Pの髪型が去年の歌舞伎岩本くんぽくて、背景が黄色だったのを「岩本くんみたいー!」とかほざいた。今思うと人類のキセキ山Pにわたしは何を言っていたのか。並べるな。


・歓声がすごい
すごい。ほんとに。あの歓声は絶対国際フォーラムに収まりきれてない。1人にあの歓声。もはや宗教。久しぶりに聞いた。ホールで響くからすごく聞こえたのかな。それでもあの熱狂は凄かった。これがアイドルを応援する本来の自然な姿なのかと思った。すのクリエの静かさが身に染みた。

山P登場直前が1番すごかった。まだ出てきてないのにスクリーンに映される山Pの口元だけでもはや悲鳴。もう一緒になって叫ぶよね。テンション上がりまくって山P出てくるじゃないですか。あーーーーーーー!(死)
あとは客席登場、見学紹介、ice cream前、SUMMER NUDE前の歓声が凄かった。途中山P!とか叫ぶ声もあったけど、静かに聞くべきところは皆さん静かでしっかり躾られているのだと思った。sweetieすげえ。


・かっこいいかわいいエモい

かっこいい曲がやっぱり多かった。すごい。抱いてセニョリータとかヲタク的には定番過ぎてもは聞き飽きてもおかしくない曲なのに今やってもめちゃくちゃかっこいいし。ジャニーズJrの多くが憧れるのは分かる。ていうか普通に顔が仕上がりすぎてる。

可愛い曲もたまに入れてくる。 山Pってたしか基本的に何かないと笑わない人だったと思う*2。そんな笑顔を安売りにはしないんだけどすごい楽しそう。そんな山Pも可愛い。Can do Can goアツい。


エモい。数曲は曲前にこの曲で伝えたいことを話してから歌っていたのがすごい印象的だった。来てくれた自分のファンに向かって想いを伝え、歌い始めるとメインのモニターにも歌詞が綺麗に映し出されていて。世界に入り込んでしまって泣きそうになった。




・ステージ
ステージのセットが基本的にEXガムシャラみたいだった。ただし魅せ方はEXのガムシャラの比ではない。EXみたいとかほざくなよ私。

ライトとか光、レーザーの使い方がすごくすごく綺麗だった。この間のKAT-TUNも光綺麗だなーと思ったけどなんかまた違った山Pソロでしか出せない良さが出てたと思う。山Pのガチを見た感じ。ステージが綺麗すぎてそれだけでお腹いっぱいになった。

山Pってすげえ。



正直わたしが一旦ジャニヲタやめたのって山Pと錦戸くんがNEWSやめるってなって夢の限界を見たというか、これが現実なのかってなってしまったのが理由だった。だからどこかで山Pには成功して欲しくない、というかジャニーズとしてグループの活動をやめるってなんなの?って心のどこかで思ってた。


でも山Pってほんとに神だと思ったし、なぜこの世に存在できているのかわけわからないし、でもこの世に生まれてきてくれて、ジャニーズでアイドルしてくれていてありがたいと思った。

山Pがソロとして活動する意義が見えた気がした。

歓声が山Pを求めているのか山Pが歓声を求めているのか、おそらく両方だと思うけど。

ファンがいるからこそ山Pはこの世に生を留めることが出来る、もしかしたら1番弱い存在なのかもしれないなあとかなんとか思いながら。


とにかくとにかくよかったしこんなに愛されてるsweetieの方々も幸せだろうなあって思った。お邪魔させてもらったわけで申し訳なさもありながら貴重なお時間だった。


Love-tuneメンバーが見学に来ていたので、絶対サマステに還元できるところがあるので活かして欲しいと思った。活かせよ!!!!Snow Manぶちぬいちゃえ!!!!








*1:岩本くんのクリエソロの選曲にいろいろいいたいことがありすぎる

*2:数年前シゲ担だったときの印象

都内在住大学生ジャニヲタの応援スタンス



自戒の念も込めて書き連ねようと思う。


[担当]岩本照

BBJで気になる存在になるものの横尾渉くんの応援をし続ける。大学受験を期にヲタ卒しようとしていた時に友人に連れられて行ったガムシャラsexy夏祭りで岩本照くんに完落ち、ヲタ卒はやめて一筋にしようと心を固めて今に至る。




[好き]Snow Man Kis-my-ft2 NEWS 
Snow Manは基本的にまるっと好き。みんな可愛い。でも岩本くんが一番可愛(ry NEWSは初めての担当がいるグループ。Kis-my-ft2は一旦ヲタ卒した私を再びジャニヲタ再燃させた担当がいるグループ。故にどちらも未だに熱量は違えどなんだかんだ好きです。テレビで見ると成長してるなって微笑ましくなります。




[私の基本情報]
某都内私立大学の文系2年。普段はジャーナリズム学んだりフリーペーパー発行したり。今は絶賛データ〆切に追われてて死にそう。

大学から有楽町に15分あればつく好立地。ジャニヲタにとっては最高の環境だと思う。地元は横アリへのアクセスが便利。

バイトは某書店員。時給が立地にしては低い。完全に社割目当て。食品を扱いたくない。

ジャニのほかにもアイドル(乃木坂46中元日芽香ちゃん推し)とバンドマン(go!go!vanillas柳沢進太郎くん)の現場にもちょろちょろお金落としてます。




[雑誌を買う基準]
岩本照くんのインタビューやコメントが載ってればすべて買う。レポが秀逸なら岩本くんコメントなくても買うけど写真だけのものはほとんど買わない。いわさくショットがあればどんなに小さい写真でも絶対買う。

基本1冊ずつ。岩本くんがソロのお仕事だったら2冊は買う。ダンスク次号は岩本くん特集だと思うので10冊は買ってあげようと思います。ふぉーえばー社割。



[CDを買う基準]
Snow ManのCD買いたい。CD出たら全種買いたいなあ。レコード会社の思惑に踊らされたい。




[映像作品を買う基準]
Snow Manがお仕事として映っているものなら少ししか映ってなくても買う。Blu-rayがあるならBlu-ray一択。

ドラマは迷って迷っていつもメルカリとかBOOK・OFFで買ってしまう。でもヲタクの先輩(notジャニヲタ)から「初動売り上げが大事」と強く言われたので予約して発売日に買うように心掛けようとはしています。ただ、お兄ちゃん、ガチャだけは未だに購入してないです。




[現場に行く基準]

岩本くんが出ているのならば這ってでも行く。最近はメインで出るものにお金をかけるためにバックお仕事はセーブしたいと思ってる。9月日生いっぱい行きたいなー!(大声)

学校から有楽町付近へのアクセスが非常に良いので暇だな、と思ったり友達に遊びをドタキャンされた時、舞台期間だと急にチケット探して行ってしまう。この瞬間が怖いけど案外楽しい。故に常に金欠ですけど。

バックに出そうなのはとりあえずチケット確保しておく。出ない場合も母親が基本DDだし私自身自担いないジャニ現場は冷静に見に行けて楽しかったな、と思えるので確保しておいて困ったことは無い。



[グッズを買う基準]
グッズは何かしら岩本くんが絡んでいれば買う。顔写真がついているものは2個買う。3個買ってたこともあったけど2個で充分かなと思ってる。岩本くんのうちわくださいって言うのが夢。

基本的に自担がいなくてもコンサートではペンラは買うし、舞台ではパンフ買う。



[写真を買う基準]
選ぶのめんどくさいので岩本くんセット買い×2。*1Snow Man混合は岩本くん写っているものは×2、混合は写ってなくても1枚ずつは買う。ただしいわさくツーショットがあれば行くたびに絶対5枚買う。
いわさくで写ってる時の岩本くんの佐久間くんをなめくさってたり、無邪気に笑ってたり、って顔がすごい好きだから。

他メンバーは、えっこれいいじゃんってなったら買います。



[録画する基準]
録画は完全に親任せ。レコーダー3台を駆使してもらってる。ジャニーズJrが出るものは基本的に録画してる。
レコーダー①はメイン使いなのでほぼすべての番組を少し画質落として毎週録画。HDD内に溜めてる。
レコーダー②は少クラとまいジャニを最高画質で録画。これをディスクに移して見たりする。
レコーダー③は満杯になっててどうにかしなくてはならないし全部内容はディスクに移しているのに母曰く消したくないらしい。昔の映像を溜めてる。無駄なレコーダー。



項目としてはこんな感じなのかな?

なんか書いてたらヲタク頑張ろうって思えてきたので強く生きていこうと思います。



すきだよ!!




*1:たまに×5

ガチおふざけ可愛いSnow Manをもっと見たい


CANDY河合郁人verかわいい!!!

らぶふみきゅん!



私は今ああいうSnow Manが見たかったんだ!

もうわたしはらぶひーくん!って叫びたい!
可愛いよ!!!!!!


と思うと同時にそんなことを思ってしまう私はSnow Manのヲタクではないのか?と思いながら。


ていうかやっぱり河合郁人って凄い。あの「Candy」河合郁人ver.をみて河合担の人はどう思うのかは分からないけど。ヲタクに話題を自らの身を削りながら提供できる河合郁人って凄い。

Snow Manヲタクは少なからずあの「Candy」は相当満足したはずだ。他担も面白く、好意的に見てくれていたと思う。



たぶん私はSnow Manの典型的なアクロバットぐるぐるのパフォーマンスに少なからず飽きてしまっていたのだろう。食べすぎたというか。







可愛いSnow Manの動画をそういえばめっきり見ていない気がした。

滝チャンネルの消失とともに消え去った可愛いDKわちゃわちゃSnow Manの動画。

舞台とかではひたすら可愛いSnow Manを見れる、見に行くことはできるけど、何回も再生することは出来ない。

新たな可愛い可愛らしいSnow Manを見る機会がぐっと減っていたことに今頃気づいた。最近満たされていない気がしたのはこれか。




元々Snow Manのメディア露出は少ない。少なすぎる。だからこその滝沢秀明くんだったし滝チャンネルだった。

滝チャンネルというSnow Manにおいしすぎるメディアが消失した今、自ら彼らはそのような露出も加味しながらかっこいいパフォーマンスとバランスをとっていかなければならない。

そんな中Snow Manのマジおふざけの時間を提供してくれた河合くんには本当に感謝したい。






ていうかSnow Manのメディア露出が少なすぎるのが良くないのかな!少ない時間で魅せるためにはやっぱり武器としてのアクロバット魅せることに必死になるに決まってるんだよ!

もっと可愛いSnow Man見たい!くれ!




批判することはそんなに偉いのか


世の中のあらゆることには色んな意見があってそれぞれがそれぞれに意味をもっていてそれは基本的には尊重されるべきものだと思う。モラルに欠けていたりするものはこれに至らない。


友人でよく批判する人がいる、あらゆる物事に。ジャニヲタでも自担や他グループを批判する人がいる。そういうことは存在すべきだし存在せざるを得ないものだ。


でも批判をする人というのがなぜか私には格上に見える。解せない。というか格上になろうと、格上であるかのように話してる気がしてあの人種は本当になんなのか。

批判することができる、っていうことはその物事の良い面だけでなくて全て分かっていて、私はあなたよりもその物事についてなんでも知っている、批判できるほどなのですよ、とまざまざと見せつけるようにされている気がしてならない。

たしかにそうかもしれない。「好き」って気持ちってこの世で一番もろいと思う。好きを支える明確な理由がなくても好きは成立するから。「嫌い」には大概明確な理由があるしそうでなければ「嫌い」と言うことはほとんど許されないはずだ。

でも私達ヲタクを生み出している根底にあるのは間違いなく「好き」という感情であるし「好き」がないと様々に世界は確実に回らない。
「好き」があるからこそ「嫌い」はこの世に存在することができると思うから。


肯定があるからこそ否定は存在できる。





だから様々に「好き」って気持ちを抱いている人々にはその好きって気持ちをできる限り大事守っていて欲しい。それは油断すると、油断していなくてもすぐに批判という矢にさらされるものだから。そして安易に自らも加わって批判することで「好き」の上に立とうとしてしまうから。でも「好き」の上に立つことなんて誰にもできない。「好き」という感情はそれに惹かれた者にしか感じることのできない唯一無二の貴重な感情だから。





批判する人には「好き」を今1度考えてから批判して欲しい。「好き」を傷つけることはとても簡単だ。あっけなく崩れる。もろい。とてつもなく。だから批判しがいがあるというものだ。誰かを傷つけることで上に立ったような気分になることは容易だ。そんな小さな世界で井の中の蛙となって批判することは何が面白いのだろうか。

批判するときには慎重に、「好き」という感情を否定することはしてはいけない。そこを攻撃することが一番簡単だが批判する上では最も犯してはならない。繰り返しにはなるが「好き」という感情は貴重なものであるから。






人の「好き」という感情を踏みにじる行為ほど醜いものはない。そんなことは誰にも許されない。






個人的には好きな人がいる男の子には恋心とは別に好印象を抱いている。「好き」という弱さをさらけ出せる男は最高に強くて素敵だから。


今日も私は岩本くんが好きだ。理由はない。


もうすぐ20歳大学生ジャニヲタが人生で初めて年下ジャニに心奪われそうになってる話


うきうきどきどき和田優希ー!



察しろください。

【注】担降りブログではありません。


クラJでは岩崎大昇くんがタイプだなー♡とかJW辺りでは思っていたんですけど炎の体育会TV。まずあれを安易に見たのがよくない。



うきうきどきどき和田優希ー!*1



f:id:snowmamarillo:20160607111813j:image

見たときにはあら可愛らしい♡ってだけだったんですよ。チビJrに一般的に抱く感想。なんの考えも無しに可愛いって洩れてくるあれ。岩本くんへの可愛い♡とは意味合いが相当違うあれ。

自担も出ていなかったので炎の体育会TVは1通り見た後にいわふかガムシャラリレーを見てSnow Manのマジ走り見たかったな~って、録画はしてあるけどそのまま消すかな~って感じでした。




それだけだったはずなのに。それは突然私の目の前に現れた。

RTされ回ってきた。

うきうきどきどき和田優希ー!


のキャプチャ画。




f:id:snowmamarillo:20160607102338j:image

f:id:snowmamarillo:20160607102351j:image


これを見た後にも前回同様あら可愛いらしい♡って思ってほんの出来心でRTしたんです。

ほんの出来心で。

これが本当にやってはいけない行為だった。

その後Twitter開く度に彼の

うきうきどきどき和田優希ー!



が半強制的に目に入るわけですよ。

その日は特に呟くこともなく暇でTL眺めるだけだったので常に

うきうきどきどき和田優希ー!


が自分のプロフィールの下に常に表示されてるんですよ。


f:id:snowmamarillo:20160607110614j:image



か わ い い


授業中にも

うきうきどきどき和田優希ー!



f:id:snowmamarillo:20160607111858j:image


画像をひたすら見続けた。

夜ご飯を先輩に誘われながらもお金がないという理由(ほんとにお金ない)で断り直帰。


速攻少クラで和田優希くん(classmateJ部分)を再生。Snow Manは当然のように飛ばしました。



か!わ!い!い!い!い!い!い!


ユートピアが広がっていた。

前からclassmateJっていいなあって思ってはいた。HIHIJetと同時期にできたユニットで同世代*2。でも絶対HIHIJetの2番手感。*3燃える。いつかこの子たちが日の目を浴びる日を見てみたいと思っていた。

少クラの「Ride with me」「よく遊びよく学べ」「WORLD QUEST」「明日に向かって」

諸々見た。

classmateJの中でセンターの子が入れ替わってたりはしているのだけどうきうきどきどき和田優希くんはずっと端っこで踊ってた。たぶん手足が身長に対して長すぎてもてあましていら結果動きがどことなく他の人とちがうからだと思う。それでもうきうきどきどき和田優希くんはめちゃくちゃ笑顔だったしめちゃくちゃアイドルをしてた。とにかく楽しそうだった。どことなく横尾さんみがする。


f:id:snowmamarillo:20160607114519j:image

私はうきうきどきどき和田優希くんをこれから静かに見守っていきたいと思う。サマステ行きたい。うきうきどきどき和田優希くんの今をこの目でしっかり焼き付けたい。



ていうか
うきうきどきどき和田優希
って
もっともっとひかる!岩本照!
と語感が似てると思う。気のせいかな。気のせいか。




とかいいながらも岩本照くんが一番だょ♡「」


担降りする予定は今のところ欠片もない。ただ心を奪われそうだ。ただそれだけ。年上ジャニを担当としてきた私にとって年下ジャニに抱くこの感情の名をまだ知らない。私の中でどうなるのかまだ分からない。ひたすら怖い。





*1:以下画像はTwitterから引用させていただきました

*2:先輩後輩の差はあるが

*3:それでも他の子と比べれば推されだと思うが

中元日芽香ちゃんはもっともっと輝けると信じたい



中元日芽香ちゃんが!ひめたんが!ひめたんが!選抜された!!!!!

乃木坂46の15thシングル選抜。

ひめたんをどうかお願いしますと願いながら震えながら見始めた午前0時。

とりあえず夜は嬉しくて感動してボロ泣きしてひめたんが選抜として輝ける姿をひたすら祈るのみでもうなんか素敵な世界ありがとう、シングル何枚買おうか、PV早く見たい、ともううずうずしていてひめたんにおめでとうーって叫んで抱きしめに行きたい()とかぐっちゃぐちゃしてました。


そして一夜明けて冷静に。

ひめたんの「16人って聞いたときにはいもうざんねんでしたーってなってて」でもう感涙。この子はその言葉で無理かも、って感じてしまうほど追い込まれてるのか、って。

多分ひめたんは自分の力をまだあんまり信じることができていないのかなって。選抜されるという結果がでてきてなかったからそれは致し方ないことなのかもしれないけど。

とにかくひめたんおめでとう!今日はケーキ買って帰ろうと思うよ!コンビニだけど許して!



でも一ファンのエゴですが勝手に「ひめたんセンターくるかも!」とかマジで考えてました。あっわたしほんとにこの子のこと勝手に応援したいんだなって。それでもひめたんはセンターに立てると思うんだ。

ひめたんがここから選抜常連、福神、そしてセンターにどうしてもなって欲しい。この子がセンターというポジションで日の目を浴びてヲタクだけではない様々な人の目に触れてもらえる機会が必ず来て欲しい。というか来ると信じている。ヲタクの直感でひめたんはそのくらい大きな力を持っていると思う。

そんなのヲタクのエゴっていう突っ込みは知ってる。けどその日が確実に来ると私は信じている。

その坂は今までよりもさらに険しいものだとは思うけどその坂に果敢に挑み続けるひめたんであって欲しい。ひめたん坂を駆け上がれ!







基本的にSnow Manに関しても同じこと思ってます。Snow Manも坂を駆け上がれ!



うたものがたり 「果てない空」に寄せて

 

 

「泥まみれの毎日だけど今更悩んだりはしない」

 こんな歌い出しから始まる本編最後のこの曲は他人のために誰かが書いた曲であって君たちのための曲ではない。それでも君と君の仲間たちの状況をよく言い表していて、これからの希望を私たちに感じさせる、そんな曲だった。

 

 2016年5月。君たちは東京有楽町のシアタークリエで単独コンサートを行った。4日間で公演数は7回。客席は609席。そして公演初日は記念すべき君の23回目の誕生日だった。

 君を見つけたのは約4年前。たまたま見た深夜ドラマで暴走族グループの2番手の役を演じていた。そしてその約1年後、私は君しか見えなくなった。当時好きだったアイドルの後ろで君は踊っていた。とにかくそれが綺麗だったことだけは覚えている。そして何かに引き寄せられるかのようにして私は君を見つめ続けていた。すると君は踊っていた時、ドラマの役での真面目な、少し怖そうな顔から一変、顔をくしゃくしゃにして私に微笑んだ。それだけだった。それだけで十分だった。君のことを少しでも理解したくてそこからは夢中で君のことを調べた。動画やDVD、Blu-rayを大量に見た。君はユニットのセンターでありエースだ。身長182㎝、体重68kg。A型。ドラム、ピアノ、ダンス、アクロバットが得意。歌は少し下手。好きなものはチョコレート。1日1粒は食べたい。筋トレに凝っていてベンチプレスも所持。ベンチプレスの横にはシルバニアを置いてたまに遊ぶ。どんな小さなエピソードも輝いて見えた。そしてたしかに君はアイドルだ。

 

 君の所属するユニットのパフォーマンスとアイドルとしての力は私の今まで信じてきた世界を覆すようにただただ凄いとしか言えなかった。先輩のコンサートや舞台のバックにつけば揃えられた踊りはもちろん、フライングの補助や大道具や小道具の設置や片付け、そして時たま起こってしまったトラブルにも何事もなかったかのようにステージを進行する対応力。君たちはクソがつくほど真面目で、舞台に華をしっかり添え、信頼も厚い。そして後輩には態度と存在感、、技術で圧倒的な力を見せつけるとともに頼りにされて親しまれていた。

 

 「呆れるほど不器用だけど心に誓った夢がある 届かない夢が瞬いて触れるようにそっと問いかけた よみがえる希望でこの胸が満たされるから追いかけるだけ」

そんな完璧に見えた君たちは事務所に入所してから約10年。ユニット結成から4年。CDデビューはまだだ。入所してすぐにデビューした同期、後輩もさらっとデビュー。なかなかチャンスが回ってこない。何が足りなかったのか、その理由が明確になるほどあの世界は単純ではない。君たちのクソ真面目さが逆に仇となっているのかもしれない。そろそろCDデビューは厳しいかもしれない、そんな声も囁かれる中、君たちはたしかにデビューしてさらに大きく活躍することを夢、目標に掲げ、しっかりと前を見据えていた。

 

 「果てない空がそこにあるって今確かな声が聞こえる 飛べない自分を変えていこうか 踏み出して何度でも」

君たちの1年で唯一の単独公演初日。君は誕生日を君の大好きな仲間たちに囲まれて迎えていた。オープニングは去年初めてもらえた君たちのためのオリジナル曲。客の完成がいやおうなしに鳴り響く。その後ダンスやアクロバットに特化した曲からバラード、それぞれのキャラクターを活かしたソロ曲。いつもは誰かの後ろにいる君でもその日はステージの真ん中に立っていて、光をたくさん浴びて立つ君はアイドルであることをあらためて感じさせるものだった。どの瞬間を切り取ってもそれは尊く、永遠にこの時が続いて欲しいとも、もはや時が止まってしまえばいいのにとも感じられる公演だった。

 

 「見えないものは何もないって その確かな声が聞こえる 消えない思いがここにあるんだいつだってもう一度立ち上がろう力強く」

公演最後の曲。最後のワンフレーズ、ステージ上の階段に横並びになってマイクを片手に。今回の公演のために新しく作ってもらった黒を基調としたジャケットに金色のハチマキを頭にしっかりとしばりながら。君たちはファンに向けてしっかりと歌い上げた。最後の瞬間、君たちとファンの思いは一つになった。消えない思いにむかって羽ばたこうとしていく君たちを羽ばたかせたい、会場にいる誰もが感じた瞬間に違いないからだ。君はいつものくしゃりとした笑顔で、でもどことなく寂しそうにしてそこに立っていた。君の仲間が最後に叫んだ「僕たちなんだってやります」という声、そして歓声とともに私たちは君たちとのひと時の公演という名の夢の終わりを告げられた。

 

君たちの挑戦はこれからも続いていく。そんな君たちがどこまで行けるかなんて誰にも分らない。それでも果てない空へ挑戦する君たちを応援し続けていたい。これからもいつまでも。

 

 

 

 

 

 

 

学校の課題で好きな歌詞で"うたものがたり"*1を書いて提出、と言われて書いたものをアップしてみました。岩本照に最初は焦点あててるのに最後にはSnow Manに向けてになってしまっているところがどうにもならなかったので力技感。なかなか難しかった。ていうか課題の採点が返されてないので正直この文章を提出してよかったのか疑問ではある。でも歌詞を思い浮かべながら書くのは楽しかった。

 

「ZIG ZAG LOVE」でも書いてみたいし渡辺担の気持ちで「code」でも書いてみたい。(最初はcodeで書こうかと思ってた)あえて今回は嵐さんの「果てない空」で。あのクリエでのSnow Manが必死に歌っている姿はとてもエモくて泣けました。

 

また夢で会えますように。これからのSnow Manに期待を込めて。

 

*1:フィクションかノンフィクションか、小説かコラムなのか、なんでもいいらしい。とにかく歌詞に沿った文章を書けというものだった