読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚像を追いかけながら

その先に何もないことだけは分かっている

22~25歳の男の着る学生服は尊い


22~25歳の子が着る学生服って特別尊くないですか。

この持論は山田太郎物語見た時から。当時の櫻井翔(25)と二宮和也(24)の制服姿すっげー!かっけー!なんでだー!って思ったのが最初。

22~25歳って制服がコスプレに見えない最後の期間であり一番光る期間であると思う。
大概の女の子の男の子の制服の最初の思い出って小学生くらいに読んだ少女漫画の中だと思うんです。その中で制服を着こなしたかっこいい男の子と恋をするっていうあれ。

あの中の男の子ってただただかっこよくて理想像として女の子の中で生き続けてると思う。実際に高校生になってみたらあんなかっこいい人そうそういないし、あんなドラマティックなことはないと悟るからこそ。

そんな幼き日の憧れが22~25歳の子が制服着ることによって生み出されると思う。


22~25歳って20なりたてほやほやじゃなくて少し成人としての振る舞いが分かるようになって顔も大人びてきながら、それでもまだ30歳ではなくてやはり若いっていう部類に入ると勝手に思ってるわけです。

つまり少し成長した大人の余裕(=先輩感)を出しつつ、制服がコスプレにならない若さを保っているのが22~25歳だと思う。

そりゃ等身大の高校生の制服も尊い。でもこの普段着てるわけでもないしコスプレにもならない微妙な時期の制服ってほんとに尊い。



なぜ急に制服の良さを語り始めたのか。
まだ見てない人なんていないよね?見てください、Duet2016年3月号最後のページJnovel。岩本照(22)の制服。なんなら画像載せたい。でも立ち読みでもいいので1ページだけなので実物を見て欲しい。


そりゃあのいかつい岩本照だって年相応の時は可愛い顔してたし雑誌とかでそれなりに制服ショットあったけど。でもさ、22~24の時に着るって尊い。

ちょっと金髪ちっくな髪型と成長した()がっしりした体で着るブレザー制服。高校生のときこんな人いなかった。少女漫画に出てくるかっこいい先輩感満載なので見てくださいお願いします。





横に夢小説みたいなのついてましたけどあれは岩本照の理想像ですね、面白かったけど。

追記
そういえば去年のJrカレンダーの舞台班の制服も絶妙なバランスですので見てください