読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚像を追いかけながら

その先に何もないことだけは分かっている

滝沢歌舞伎2016にSnow Manが出演するということ

 

滝沢歌舞伎のよーいやさー盤で絶賛懐古して楽しんでます。ひかるかっこいい!かわいい!かっこいい!かわいい!


そして滝沢歌舞伎2016にはSnow Manが出演することが決まっています。いやー、楽しみですね。JWのトンチキの中で頑張ってくれてた彼らには歌舞伎での凛々しい姿を期待する以外ないです。

ただ、彼らが本気でデビューしたいのならタッキーのバックは抜け出さなきゃいけないものだと思う。よって出演することを喜んでいいのかはわりと怪しい。

滝沢秀明くんは本当に素晴らしいと思うしSnow Man担としては感謝してもしきれない。タッキーがいなければ彼らは存在してないしやめてる子がいてもおかしくなかったと思うから。タッキーがいなければ、Six TONES×Snow Manという構図もなかっただろうから。

そしてタッキーのメインバックにつく、という経験でSnow Manは一気に成長していったと思う。圧倒的存在感のタッキーの背中から様々なことを学ぶことができるのはもちろん、窓系列の先輩方と一緒にもまれたり、外部のダンサーの、普段はあまり関わることのない人との関わりはとても良い経験だった。そのような素晴らしい人々と仕事ができる、ということはジャニーズJrの中でも恵まれていると思う。

そしてDVDを見ながら舞台班ってやっぱりかっこいいし、舞台班メンバーでコンサートやってほしいと切実に思った。もうSnow Manは舞台班っていうくくりではなさそうだけど、Snow Manいなくても行きたい、ってくらい舞台班魂は絶対かっこいいだろう。

今年は三宅健くんやジェシー、増田良なども参加する。歌うま要員が駆り出されてることにSnow Manも色々と感じて欲しいものがある。どちらかというとメディア露出の多いメンバーともまれるのもなかなか面白いものになると思う。

ただやはりタッキーが去年どこかで言っていた「来年は出ないようにしろよ」的な言葉が私の中では重みを増しつつある。

正直に言うと私はSnow Manがこのまま活動していてデビューできる線は薄いと思う。余計なこと言うと特に顔の華がないし。でもデビューしたいのならデビューを目指していて欲しいし、本気を見たい、そしてデビューできたら本当に奇跡だと思う。だからこそこのことを真剣に考えて欲しい。

滝沢歌舞伎2016に出演するということは自分たちメインではなくバックの仕事だし、最近のスケジュール通りの動きだ。ここを抜け出さない限りデビューは難しい。

去年DREAM BOYSに出演予定の噂が少年たち主演になったくらいのインパクトのある仕事を持ってきて欲しい。(日生劇場が使えないので今回はしょうがない部分も大いにあるが)

彼らには彼らにとって新たな経験をもっと積んでいかないとデビューなんてできるわけではない、言えばいいってもんじゃない。要はこの仕事を純粋に喜んで欲しくない。そりゃ今年も呼んでもらえたってこともありがたいことだと思うけど。



そんなことを思いながら滝沢歌舞伎2016振込してきました。かっこいい舞台班としてのSnow Manの姿見に行くのが楽しみです。