読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚像を追いかけながら

その先に何もないことだけは分かっている

ジャニーズJrと退所と女


あるジャニーズJrが「彼女います」「彼女もブログで報告しました」この宣言がそれなりにヲタクを揺らしている。最初にツイートしたときは「しっかりしている」と言われていたのに、このことで一気に彼の評判は地に落ちたようだ。

お相手の方のブログも見に行ったが、正直一般人であったし、自担ではないしどうでもいい。彼のファンもそこまで数はいなかったであろう。なのにお相手の彼女のブログのコメント欄は荒れまくっていたし、アクセス数もかなり上がっていた。

「お互い一般人なのにご報告とかなに有名人気取りなの?」
「報告する意味わかんない」
「ブス」
「ファンの気持ち考えなよ」
「色々言われると思うけど応援するよ」
「コメント承認しろよ」

コメント欄少し見せてもらったけど大体こんな感じだった。こっちの正体は見せずに書くヲタクもなかなかだと思ったが相手が有名人気取りをしているならこうなるのもしょうがないとは思う。

彼は彼女のことをこのタイミングで明かすべきだったのか。

結論から言うと今ではなかった。というか元ジャニーズJrが「やめましたー」と言って有名人気取りでTwitterをやることに関しても私はいかがなものかと思うがこの話はまたいつか。

彼女がいるとして、結婚をする、彼女が妊娠した、などであればそれなりに早めに言ってもいいとは思う。辞めて有名人でなくなったとはいえ彼は多くの人に知られている存在であるし、そのようなことは報告すべきことである。

しかし真相はわからないが彼が報告したのはただ「彼女がいる」という事実だけだ。この世に彼女がいる男は大勢いるだろう。おそらくジャニーズ事務所にも彼女がいるタレントは多く存在するだろう。恋愛禁止でもないのだから。それでも彼らが彼女がいるということを公言するのは大概の場合タブーである。アイドルという存在の魔法が解ける瞬間であろうから。

その魔法から彼は退所という形で離れると同時に女の存在を公言することで魔法を完全に解こうとしたのかもしれない。もうアイドルでないことを言いたかったのかもしれない。アイドルではない自分でもたくさんのフォロワーが目に見えてついて嬉しくなって優越感を得たかったのかもしれない。

でも彼にはそれなりの応援してくれるファンがいた。ファンからしたらアイドルとしての彼はとてもステキなものだったはずだ。彼女がいることを既に知っている人もいたであろう。しかし退所をすることによってアイドルの彼を見れないばかりか、今までの彼は別の女と愛し合っていた、とすぐに発表することはあまりに残酷であると思う。

もう少し彼が気遣いのできる人であればこのことにはすぐに気づくだろう。それぐらい簡単なことだ。

ファンはファンであるしアイドルはアイドルであるしていうか彼はもうアイドルでもない。プライベートのことでとやかく言われる筋合いもない。おそらく今回騒がれているのも彼女がいた、ことではなくわけもわからず報告されたことだろう。

ジャニーズJrはジャニーズ事務所にいるから輝きヲタクもいることをさっさと理解すればいい。ジャニーズ事務所にいない彼らにはヲタクから見たら何の価値もないただの男だということを彼らは自覚しなければならい。その上でとる行動はわかっているはずだ。

あくまでも恋愛は自由にしていて欲しい。それが彼らの表現を幅広くすると思うから。ただそれを一般人にバレないようにするのがアイドルだと思う。

自担が可愛い女優と付き合うことができる日がくることをひたすら祈りながら。