読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚像を追いかけながら

その先に何もないことだけは分かっている

自担がジョジョ立ちを始めた日

 

岩本照くんがジョジョ立ちをおそらく人前で初めて披露したであろう日、私はその現場に居合わせた。

 

あの鍛え抜かれた筋肉で投票ボールをこれでもかと使って対角線上に投げる岩本照はあまりにも美しかった。それだけで美しかった。

 

 

 

初日にはそんな岩本くんのことを安井さんが「ひーちゃんこれ遠くに投げる競技じゃないから」ってちゃちゃいれたのにくしゃくしゃっと笑う岩本くん。そこに反論はしないしそれが岩本くんだと思ってた。それ以上のバラエティ要素は特に継ぎ足さないのがSnow Manのセンター、エースになった岩本照だと思ってた。

 

 

ただその日はなにかが違うと思った。前日よりも明らかにテンションが高い。MC前のカーテン閉まる時には前日カーテンに覆われたからなのかわざとずっとカーテンの方気にして隣の渡辺くんの袖をずっと引っ張っていた。投票でHIHIJetsが出てきたときには「じぇっとでどぅするらいふなう!じぇっとでどぅするらいふなう!でしょ!」と延々。深澤「岩本さんがボケるの珍しいから」だろうな。だろうな。だよな。楽屋芸人の岩本くんがこの期に及んで舞台上でふざけはじめた。MCやらなんやらではさなぴーとずっとアイコンタクトしてにやっにやしてるし最終的には諸星ともにやーって。爆笑してた。テンションが高い。機嫌がすごくいい。

 

 

そして投票されたボールをEXシアターの対角線上に投げた後。

 

 

ジョジョ立ちキタ。

 

 

 

 

それはあまりにも美しかった。たまたまその日、私は早番で入っていた。ジョジョ立ちの瞬間、その全体像を私は衝撃の面持ちでしっかりと舐めるように見た。脚の角度から何から何まで綺麗だった。それはただただ綺麗だった。たったの数秒間だった。数秒間だったはずなのにわたしの脳裏からはその姿が焼き付いて離れないのだ。もはや芸術作品だった。

 

 

 

Tell me why。

 

 

舞台上で特にSnow Man以外のJrいる中でふざける、ボケる岩本照くんだいぶお久しぶりじゃないか・・・。あの岩本照が振り切ってる・・・。身を削いでる・・・。過去の映像からしたらアシモとかしてたしモノマネとか進んでやっていたのは何度も見てきた。おそらくそれが岩本照くんの本来の姿なのではとは思っていた。しかしながら岩本照近代史においてジョジョ・・・。岩本照がジョジョ・・・。

 

 

 

てっきり何でもそつなくこなすエース像だけを追い求めていて自ら振るお笑い要素は可能な限り捨てたのかと思っていたので訳が分からなかった。

 

 

ジョジョ立ちした後には佐久間くんがもちのろん反応して

安井さん「あー!ジョジョー!」

岩本くん「触れるな触れるな。掘り下げなくていい。」

は?????????

自分から勝手にやっといてそれですか???????

触れられただけありがたく思え??????佐久間さんがやったら岩本くんガン無視するよね??????????????

好きだけど????????!!!!!!!

 

その後も何度も別公演で同じタイミングでジョジョ立ちしていっていた岩本照くん。同じボケはやめようと思ったのか4日目にはやめていた。

 

 

なぜ?なぜ?何もわからない。でもSnow ManだけではなくLove-tune、髙橋海人、HIHIJetsというたくさんの仲間がいる中でいつも以上に笑顔をほころばせ、あまりにも楽しい夏のひとときであったのであろう。

 

 

 

佐久間くんとボール投げる前にニヤニヤしながら見つめあっていたのでこの行為はかなり計画された犯行だと思われます。